青汁にはどんな栄養があるのでしょうか?

体にいいと言うのがとても良く知られている青汁ですが、実際に何だかよくわからないまま体にいいなら飲んでみようかと始めている人も少なくないのではないでしょうか?
では、青汁に含まれている栄養素とは一体どのようなもので、その栄養素はどのようなことに作用するのかを調べてみました。

青汁には様々な種類があるのです

ひとえにふるさと青汁 口コミといっても作成している会社によってその内容は違います。
基本的に青菜と呼ばれる食材を使って作ったものを青汁と言うのですが、初めに青汁として発売されたものはケールと言う植物を使って作ったものでその匂いと苦みのせいでなかなか受け入れられないという人が多くいる代物でした。
最近になってフルーツやはちみつなどを配合して作った青汁にカルシウムなども配合されていたりするものが発売されて飲みやすいということで人気はどんどん広がっています。
その中でもダイエットに効果があるということが噂で広がり、ダイエットを考えている女性に人気が上がってきています。

青汁の栄養素

主な物は、食物繊維とビタミン類ですが野菜の栄養素を壊すことなく青汁に加工しているのでその中には酵素がたくさん含まれています。
酵素は抗酸化能力を高めることから様々な分野でも研究が進んできました、病気の予防やダイエットにも効果があることから更なる研究がすすめられています。
食物繊維は言わずと知れた野菜の栄養分の中では鉄板ともいえるものですが、食物繊維は2種類に分類され、必要な内容によって食べ分けるとよいとされています。
その他にも、β-カロテン、ルテイン、ビタミンC、などが含まれていますがその材料はケールが一番含有量が多いことも知られています。
抗がん作用があるのもすごいところですよね。
明日葉で作ってあるものもかなりの栄養素が含まれていますがその内容を見てみるとケールと同じように苦みが強いため飲みずらいと言えます。
飲みやすいもので考えると、フルーツ青汁や大麦若葉を使用して作った青汁がおすすめです。
このように様々な栄養素が詰まっている青汁ですが、その中でも少し値段は張りますがミドリムシ配合のものや、クロレラを原料に使っているものもあります。
クロレラは藻の一種なので、体内に入って機能する水溶性食物繊維が豊富に含まれていますのでダイエットにもかなり効果が期待できます。
基本は毎日続けると言う事なので、飲みやすいものを選ぶと無理なく続けていくことが出来るでしょう。

まずくない青汁は栄養が低い?

元々青汁は、九州地方で飲まれていた物を粉末化して売り出したのが始まりでお世辞にもおいしいものとはいいがたいものでした。
九州限定で流れていたCMでこわもての俳優さんが青汁を飲んでうんまずい!と言うイメージ通りで罰ゲームなどに用いられるようになり全国区で有名になりました。
罰ゲームの材料になるほどおいしい飲み物ではありませんが、その栄養価の高さから家畜などの飼料にも配合されたりするようになり有名になるにつれて品種改良も進み今ではまずいというイメージもかなり変わってきています。

材料によって味が違う

青汁の材料は青菜と呼ばれる野菜が主に使われています。
その野菜は食べるには少しクセが強すぎておいしく食べるという事には向きません。
しかしその中に含まれる栄養素は普段おいしく食べている野菜と比べ物にならないほど高くどうにかこの栄養素を取り入れることは出来ないものかと言う観点から考え出された答えが飲み物にするということだったのです。
しかし当初青汁の青臭さや苦みが好まれず、健康食品として体のことを気にしている人か罰ゲームの材料としての利用と言う現実になっていたのです。
今では、味もかなりおいしくなり飲みやすく改良されていますが、始め使われていたケールなどから大麦若葉などのクセの少ない材料を使うようになったこともその理由のひとつでしょう。
しかし健康食品で体のためだからと思っているから飲むことが出来ると言う人も少なくはないでしょう。

品種改良で子供でも飲みやすくなったので

品種改良はその使いやすさと、なじみずらかった味の改良を重点的に行われてきました。
一昔前の草をそのまま噛んでいるような味は今や抹茶に近いと言われていますし粉末の中にはちみつを配合している商品も多く出回っています。
子どもでも飲みやすくなったことでさらに人気は広がっていきました。
まずいものは薬と同じように体にいいのだと昔おばあちゃんに言われた経験がある人も多いかと思いますが、確かに体にいいものはまずいというイメージがなんとなくあるのはどうしてなのでしょう。
だからと言ってまずくなければ栄養価が低いというわけではありません。
クセがあって食べづらいものをおいしく食べる方法を現代では研究されているからなのです。
美味しく健康にいいものを手に入れることが出来るようになった背景には、食事の欧米化によって偏ってしまっている食生活をもとに戻すという働きがあるのです。

Comments are closed.